ニュース

TOKIO長瀬が脱退!会見は?鉄腕DASHなどレギュラー番組は継続するの?理由や今後についてまとめ

TOKIOの長瀬智也さんが、ジャニーズ事務所を退所するというニュースが飛び込んできました。

人気グループ・TOKIOの長瀬智也(41)が、来年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所することが22日、同事務所の公式サイトで発表された。

出典:www.oricon.co.jp

ここ最近「退所するのでは?」という噂も囁かれていましたので、ファンの皆さんにとっては悪いニュースが現実となってしまいました。

同時にTOKIOからも脱退となりますので、今後は鉄腕DASHなどレギュラー番組で長瀬さんの姿が見られなくなります。

サマー

私も子供のころから家族で鉄腕DASHを見てきたので非常に残念です。。

そこで今回は長瀬さんの脱退について調査し、TOKIOの今後やレギュラー番組の継続情報などとともにまとめていきます。

TOKIO長瀬の退所会見は?

まず長瀬さんの退所については、7月22日にファンクラブサイトにて発表されました。

ファンの皆さんからするとご本人の口から説明が欲しいところです。

しかし現在のところ、それ以外で長瀬さんが会見を開かれる予定はありません

TOKIO長瀬の退所理由や今後は?

ご本人は退所理由については明かしてはおらず憶測にすぎませんが、元メンバーの山口達也さんが不祥事により脱退して以降、音楽活動ができなくなったことが理由の一つではないかと噂されています。

サマー

5人での音に拘りサポートベースを入れることもしなかったわけですから、山口さんの音を本当に信頼していたしその変わりはいないという判断だったのでしょうね。

追記:どうやら長瀬さんとは音楽制作の方向性でズレが生じたようです。しかし山口さん脱退以前から「何年も話し合いを重ねた結果」ということで、それ自体が要因ではないようです。

残念ながら長瀬さん退所の3月までの間も音楽活動はしないそうです。
※ファンクラブ向けに配信など何らかの発信はあるかもしれません。

メンバーの松岡さんは「円満離婚」と語っており、決して亀裂が入ったようではありません。

――そして今後について長瀬さんは以下のようにコメントしています。

「少年時代にジャニーから教えられた“人の個性を大切にする”という考え方のもと、長年にわたって培ってきた表現者としてのクリエイティビティーを活かし、他事務所に属することなく、裏方としてゼロから新しい仕事の形を作り上げていくことになりました」

出典:www.oricon.co.jp

芸能界からは離れ裏方としてスタートを切る」とのことです。

具体的な内容については明言していませんが、週刊誌では映画の制作に注力しているという情報もありますし、音楽への熱意も大きかった長瀬さんは楽曲制作なども行っていく可能性があります。

音楽やファッション、釣りやバイクなど多趣味な長瀬さんですから、やりたいことや夢が沢山あってもおかしくはありません。

41歳という年齢を考えても遅かれ早かれ退所は避けられなかったのではないでしょうか。

鉄腕DASHやレギュラー番組は継続?

さて気になる『鉄腕DASH』については、日本テレビが「ジャニーズ事務所に在籍する来年3月までは出演されます」と回答しています。

4月以降については番組改編は現在のところ未定ということで、その後は残りのメンバー3人で継続していく可能性はあります。

サマー

番組改編期が3月なので、長瀬さん脱退の流れで打ち切りの可能性も……

同じくレギュラー番組『TOKIOカケル』も今後の放送に変更はないものの、4月以降については不明となっています。

今後続報がある可能性はありますが、打ち切りや新番組の発表がある来年の2月から3月にかけては要チェックとなります。

TOKIOは解散?メンバー3人の今後について

結論から、解散はしないようです。ジャニーさんからもらった屋号を守っていこうというのが彼らの答えです。

さらに残りのメンバー3人はジャニーズグループ関連会社として株式会社TOKIO』を設立すると発表。

リーダーである城島茂さんが代表を務め、長瀬さんが退所後の4月に設立するようです。

今まで以上に自由度高く、引き続きグループでの活動と、個人での活動を継続していくとのことです。

まとめ

なんだか最近のジャニーズは退所ラッシュですね。いかにジャニーさんが偉大な存在だったのかが証明されたようなものです。。

TOKIOには『LOVE YOU ONLY』から始まり思い入れのある楽曲が沢山あります。また長瀬さんのどこまでも響くハイトーンボイスが聴きたかったですね。

長瀬さんが出演した『白線流し』や『IWGP』、『ムコ殿』など好きな作品だって沢山あります。機会があれば役者活動も期待したいです。

まさにTOKIOを見て育った年代なので非常に非常に残念です。

サマー

残りの期間4人のTOKIOを見逃さずに目に焼き付けましょう!

記事の内容は個人的な主観を含む場合がありますので、全ての方に当てはまるものでは無い事をご理解ください。また情報は掲載当初のものであり内容に誤りがある場合があります。