ニュース

罪が軽減する恩赦制度にメリットはあるのか?その種類や内容まとめ!

2019年10月18日に、天皇陛下の『即位礼正殿の儀』に合わせた『恩赦』の実施が閣議決定されました。

この恩赦とはズバリ【犯罪者の罪が軽減される】こと。

しかも55万人も対象!

これだけ聞いたら「誰が納得いくんやそれ!」って感じですよね?

そんなのおかしいしモヤモヤしていた私はもちろん、調査してみました。

被害者からしたらたまったもんじゃない!

さて、今回話題になっている「恩赦」とは天皇陛下の即位礼に伴うものです。

行政権(又は議会)により国家の刑罰権の全部又は一部を消滅若しくは軽減させる制度のことを言います。

てな感じで、犯罪被害者の方からしたらたまったもんじゃないですよね?

菅義偉官房長官は18日の記者会見で「令和の時代を迎え、即位の礼が行われる慶事に当たり、罪を犯した者の改善更生の意欲を高め、社会復帰を促進する見地から恩赦を実施する」と述べた。

とありますが、罪は償う物ですし…この時期の犯罪者ってラッキーじゃん……

免罪の方はともかく「慶事だからこそしっかり取り締まれ!」と思ってしまいます。

むしろ真面目に労働している国民に対して恩恵があっても良いのでは。。。

『恩赦』には種類がある!

そもそも恩赦には恩赦法に基づいたいくつかの種類があります。

難しくてうまく噛み砕けませんでしたが…。

  1. 大赦…有罪の言渡を受けた者についてはその言渡は効力を失う。まだ有罪の言渡を受けない者については公訴権が消滅する。
  2. 特赦…有罪の言渡を受けた特定の者に対して有罪の言渡の効力を失わせる。
  3. 減刑…刑の言渡を受けた者に対して政令で罪または刑の種類を定めて刑を軽くする。また刑の言渡を受けた特定の者に対して刑または刑の執行を減軽する。執行猶予期間中の者に対しては刑を減軽し、これとともに猶予期間を短縮することができる。
  4. 刑の執行の免除…刑の言渡を受けた特定の者に対してこれを行うが前科は残る。刑の執行猶予期間中の者に対しては行わない。
  5. 復権…有罪の言渡を受けたため資格を喪失・停止された者に対して、政令で要件を定め又は特定の者に対して資格を回復する。刑の執行を終わらない者、執行の免除を得ない者に対しては行わない。

政令で定め実施される「政令恩赦」の場合は大赦・減刑・復権の3つが対象となりますが、個別に審査され実施される「個別恩赦」は特赦・減刑・刑の執行の免除・復権の4種類が対象となります。さらに個別恩赦には常時行われる「常時恩赦」と、一定の期間に限り行われる「特別基準恩赦」があります。

ふむふむ……大赦と特赦は有罪者が対象ですから「はい、恩赦~♪」というわけにもいかないですけど。。

今回は【政令恩赦】+【特別基準恩赦】

……つまり全部対象じゃん!てことなんですが、

今回の政令恩赦は『復権』のみで、比較的軽微な交通違反者などが対象となっています。

さらに「特別限定恩赦」は、復権対象外の人や病で刑の執行が長期間停止している人に対し、「復権」や「刑の執行の免除」を行うかどうか個別に審査するようです。

いずれも国民感情や被害者の心情に配慮したもので、重大犯罪者などが野放しになることはないようです!

詳しくは法務省のHPをご覧ください!

日本の『恩赦』実施履歴

これまでにも日本では国の慶弔事などに合わせて恩赦を実施してきました。

過去の恩赦実施歴
昭和22年11月 終戦と日本国憲法の修正
昭和27年4月 サンフランシスコ平和条約発効
昭和27年11月 皇太子さま(明仁親王)立太子礼
昭和31年12月 国際連合加盟
昭和34年4月 皇太子さま(明仁親王)ご結婚
昭和43年11月 明治100年記念
昭和47年5月 沖縄本土復帰
平成元年2月 昭和天皇ご大葬
平成2年11月 平成の天皇ご即位
平成5年6月 皇太子さま(徳仁親王)ご結婚
令和元年10月 天皇陛下即位礼

今年で11回目、前回から実に26年ぶりの実施になります。

過去には死刑囚への恩赦も行われていたようで、ちょっとどうかしていますよね。。

今後もやるならいろいろと配慮していただきたいですね。

海外でも普通に恩赦

日本以外にもアメリカやフランス、イギリスやロシアなど各国でも普通に恩赦制度があるようです。

アメリカに至っては、大統領が刑の減刑だけでなく囚人を完全に無罪放免にする恩赦を与える権限もあり、過去ビル・クリントン氏の大統領退任時の恩赦には殺人犯も含まれていたようです。

オバマ前大統領なんかも恩赦戦略と称して1000件以上恩赦を発動!

それますが、アメリカでは感謝祭の時に大統領が七面鳥に恩赦を与えるという謎の行事もあるそうです(笑)

七面鳥に恩赦!?独特すぎるアメリカの感謝祭・サンクスギビングデー! 最近の日本では天皇陛下の即位礼に伴う恩赦に関して、なにかと話題になっています。 日本に限らず世界各国で実施されているこの「恩赦」...

まとめ

今回天皇陛下の即位に伴う恩赦は大赦や減刑を行わない【国民感情や被害者の心情を尊重したもの】であることがわかりました。

とはいえ軽い罪ならいいのか?っていう疑問も残りますが…

ということで、恩赦を受けた人のみにメリットありです!

記事の内容は個人的な主観を含む場合がありますので、全ての方に当てはまるものでは無い事をご理解ください。また情報は掲載当初のものであり内容に誤りがある場合があります。