ニュース

2022年オープン『ジブリパーク』はどんな施設?アトラクションはあるのか?

愛知県が2022年秋の開業を目指す『ジブリパーク』。愛知万博が開催された跡地である愛・地球博記念公園(長久手市)の魅力や価値を一層高めるために整備構想が進められています。

日本のアニメーションを代表するジブリ作品は、日本人なら子供の頃から親しんできた方が大多数ではないでしょうか。

作品のモデルとされた地域への聖地巡礼もさることながら、ジブリパークともなれば多くの作品の世界観をいっぺんに楽しめるだけあって興味を持たれる方も沢山いると思います。

果たしてどのような施設になるのか、アトラクションなどはあるのか、早速気になる詳細について調べてみました!

ジブリの世界観を表現した5つのエリア!

ジブリパークの整備エリア©Studio Ghibli

ジブリパーク内は作品の世界観を表現した5つのエリアに分かれる予定です。

①青春の丘エリア

青春の丘エリア©Studio Ghibli

『ハウルの動く城』などに代表される19世紀末の空想科学をイメージし、既存のエレベーター棟を改装。来場者を迎え導くジブリパークの象徴となります。

青春の丘エリア©Studio Ghibli

また、平成初めの住宅街をイメージした『耳をすませば』の地球屋、ロータリーのある広場などが設置されます。

②ジブリの大倉庫エリア

ジブリの大倉庫エリア©Studio Ghibli

ジブリ作品などの保管・保存・展示。遊びと憩いの空間。倉庫らしさと懐かしさを感じる和洋折衷の建築空間をイメージし、常設展示室・映像展示室・遊び場・売店・喫茶・収蔵施設などを整備。

ジブリの大倉庫エリア©Studio Ghibli

③どんどこ森エリア

どんどこ森エリア©Studio Ghibli

『となりのトトロ』のサツキとメイの家を中心とした昭和の田園風景をイメージ。既存のサツキとメイの家に加え、社と散策路などを整備予定。



④もののけの里エリア

もののけの里エリア©Studio Ghibli

愛知サトラボと一体になった体験の場。『もののけ姫』のエミシの村とタタラ場を元にした和風な里山的風景をイメージ。体験学習施設となるタタラ場や炭焼き小屋、休憩所などを整備予定。

もののけの里エリア©Studio Ghibli

⑤魔女の谷エリア

魔女の谷エリア©Studio Ghibli

ジブリ作品の体験を通した展示と遊び、休憩などの複合的空間。『魔女の宅急便』、『ハウルの動く城』などの北ヨーロッパ風の空間をイメージ。オキノ邸と庭園、ハウルの城と荒地、休憩・レストラン棟などを整備予定。

魔女の谷エリア©Studio Ghibli

アトラクションや入場料は現時点では未発表!

乗り物などのアトラクションの有無に関しては現時点(2020年2月)ではまだ情報がありません。今のところは、どちらかというとジブリの世界観を見て疑似体験して楽しむ施設という印象ですね。

しかしスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「テーマパークの要素も若干いれながら、公園を楽しんでいる方の邪魔はしない公園に」とあくまで公園であることを明言しています。

おそらくディズニーランドのようなアトラクションありきのテーマパークではなく、ジブリの世界に浸りながらゆったりと過ごせる公園というイメージではないでしょうか。

また入場料金についても現時点では未発表ですので、こちらもまたアトラクションの有無によって大きく変わってきそうですね。

まとめ

「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」の3エリアは2022年秋、「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」の2エリアはその1年後の開業予定となっています。

約340億円の事業費をかけての巨大プロジェクトですから期待したいですね。はたしてディズニーランドばりに足を運びたくなるようなテーマパークになるのでしょうか?

以上、追加情報があれば随時更新していきたいと思います!

記事の内容は個人的な主観を含む場合がありますので、全ての方に当てはまるものでは無い事をご理解ください。また情報は掲載当初のものであり内容に誤りがある場合があります。